• Takashi Tazaki

ツーリングと新店舗外構打ち合わせ


2018/10/8

 先週は水曜日に河童橋で店舗製品を模索,翌日は自由が丘にある店舗製品を発注しに行ってきた。

 冷凍庫,冷蔵庫,ショーケース等を探すのが中心だったが,一度や二度見ただけでは,なかなか決められないというのが現実で,もう一度足を運んで吟味する必要がありそうだ。

 そんな中,レイアウト用のサボテンは気に入るものが随分と入手することができた。

↑河童橋の大きなカブト虫

↑こんなバスが走っていた(^o^)

↑飛び込みで入ったお蕎麦屋がなかなか旨かった(^o^)

 木曜日の夜は二日間の疲れを癒やすため,久しぶりにステーキでも食べようとお気に入りの「ビリーザキッド」で夕食をした。

↑↓いつもワンパターンのチリコンカン,メキスープ,ステーキ

 そして金曜日はいよいよ店舗の完成も近づいてきたので,外構に入ってもらうため,打ち合わせに行ってきたのだが,そこでトラブルが発生,依頼する予定だった外構屋さんが手一杯で,直ぐには工事に入れないとの回答(>_<)

 急いで他の外構屋さんに連絡をとり,工期の間に合う所を探してくれたが,そちらの本回答はまだ得られない状態,来月の10日のオープンに全ての工事が間に合うのか怪しい状況になってきた。

 ピーンチ…>_<…

↑↓内装

↑キッチン周りと↓手洗い場

 土日には「Route 66 Association of Japan」主催の本栖湖キャンプツーリングが控えていたが台風の影響で,関東方面の天気は回復したものの現地の本栖湖が雨予報50%から下がらなかったため中止となってしまったので,「Route 66 Association of Japan」会員の有志7名で急遽,近場のツーリングに切り換え「千葉県家庭訪問ツーリング」をすることになった。

 金曜日の夜中は結構な雨が降っていたが,予報どおり土曜日の朝は快晴で,ツーリング日和となった。

 朝8時に調布から車1台,バイク1台が我が家へ到着,私たち夫婦のタンデムバイクと愛犬2匹は車に便乗させていただき,待ち合わせである千葉県金田ICを降りてすぐのローソンへと向かった。

 10時の待ち合わせには十分の時間的余裕を持っての出発だったが,ワンコたちを散歩されるため,休憩予定の市原PA手前2kmのところで,1台のバイクがトラブル発生(゜◇゜)ガーン!!

 すぐ後ろを付いてきていたはずのバイクがミラーから消えていたのに気付き,市原PA1km手前の所で追いついてくるのを待つことにしたが,なかなか追いついてこないので,電話をかけようと思ったところに電話がかかってきて,バイクの調子がおかしいとのこと。とりあえず事故でなく一安心,だましだまし,1km先まで走ってきてもらい,プラグかと思い原因を調査してみると,ただのガス欠と判明!!

 ならば要は簡単,リザーブに切り換えエンジン始動……かからない,何故だ????

 初歩的なミス,ギアがローに入ったままエンジン停止してしまったため,そのままの状態でエンジンを掛けようとしていたのでかからないだけだったため,ニュートラルへ入れて再スタート,今度は「ドドーン」という軽快なエンジン音がし,無事スタート。

 時間が押してしまったため休憩は取らず,そのまま待ち合わせのローソンへ向かい,待ち合わせの5分前に到着すると二人のうちの一人は既に到着,間もなくもう一人も到着。6人が集まったので,とりあえず「家庭訪問」の一件目である私の新店舗である工事現場へ直行し記念撮影!!

↓なかなか良い写真が撮れたのでホームページで使うことにしよう!!

 折角,木更津で待ち合わせたので早めのランチをとるため,木更津名物の穴子が堪能できるお店のひとつ「やまよ」へ向かった。一般の予約は取れないお店なので早めに並んだが,いつもは凄い人なのにこの日は楽勝の空き具合。一品1,300円のメニューが平日のランチは1,000円プラス消費税? で食べられるので平日だけが異常にこんでいるのだろうか……と勝手な憶測をしてみた。

↑重箱からはみ出る穴子の天ぷら

 ここで,今回のツーリングのタイトルである「家庭訪問」の意味を簡単に説明すると,「Route 66 Association of Japan」のスタッフと会員が,偶然にも今年と来年にかけて,ルート66をテーマにしたカフェやダイナーを3件オープンすることとなり,こんな偶然があるのかと,勝手に身内で盛り上がっているのだが,8月11日には,ルート66繋がりで懇意にさせて頂いている,神田で「欧風屋」というお店を経営されているオーナーの宮本さんがキャンプ場を手作りで作られ,音楽を演奏できる屋外ステージのある「TENNESSEE VILLAGE」と名付けたキャンプ場を千葉県の富津市にオープンされた。

 と言うわけでこの「TENNESSEE VILLAGE」も併せると,何と4件ものルート66やアメリカに特化したカフェやダイナー,施設がオープンすることになる。

 と言うことで,何だか千葉県が凄いことになっているぞ!! と勝手に身内だけで盛り上がっているわけである。

 そして,次に向かった場所は,「Route 66 Association of Japan」会員の石川先生が年内に完成,来年オープン予定の沢山の本や雑誌を展示するカフェ「ARIZONA ROUTE 66」というお店だ!!

 私のオープン予定のお店から車で15分ほどというご近所さんというのも,偶然としてはできすぎだ!!